あなたも作家デビューKindleやNoteで文章を売る

あなたが作家として文章を販売する方法がある。

文章で稼ごうと思うと

クラウドソーシングでライティングの仕事をするか、

自分のブログなどに文章を投稿して広告収入を得るって感じだけど

もっと直接的に文章を書いてお金をいただく方法がある。

それがあたなが作家としてデビューすることである。

えっ作家になるそんのできるの?と疑問に思うだろう。

いまやだれでも作家として文章を売ることができる

それがKindleNoteである。

Kindle

Kindleとは電子書籍のことである。どこで取り扱っているかというと、

あなたもご利用なったことがあるAmazonである。

Amazonで本を購入しようとした時に「Kindle版」って文字をみたことがないだろうか?

それがKindleである。

Kindleは紙でできた「本」の内容を電子的、感覚的には簡素な文字中心のホームページをみている感じだ。

物理的に紙ではなく電子的な情報なので、購入したらすぐに読みはじめることができる。

電子書籍を読むにはスマートフォンのアプリを利用したり、パソコン利用したり、専用の端末を利用して読むことができる。

この電子書籍、Amazonのアカウントを取得すればだれでも無料でだすことができる。

そうあなたも無料で作家としてデビューできるのである。

普通、紙の本だと、本の内容がよほど売れると思えるものか、

すでに作家としてデビューしている人でないとなかなか本にしてもらえない。

その点、Kindleで作家デビューすることはすぐにできる。

そう、あなたも明日から作家デビューできるのである。

本の内容はどうするかって

それは自由!

Kindleの利用規約に守る必要はあるが、それに沿ったないようだと何を書いてもよい。

内容も千差万別だ。ブログに書いた内容などにちょっと情報を付け加えて電子書籍としてだすこともできる。

文字数は?

Kindle本の文字数はよくいわれいるのが、1万文字〜2万文字ぐらいといわれいる。

個人的には極端に短いものを除き、内容的に良いものだと1万文字以下でも大丈なのではと思っている。

電子書籍を作成するには

ワードやGoogleドキュメンが利用できれば大丈夫だ。

本をワードやGoolgeドキュメンで書いて、ちょこちょこっとすれば本をだすことができる。

ちょこちょこってとろこはKindle本出版なんかで検索するると見つけることができる。

ま〜このあたりは後日案内する。

本への集客はどうするか?

本への集客はAmazonがうまい具合にしれくる。

Amazonは多くの人が利用しているのでタイトルや内容しだいもあるが、

Kindleの読み放題の対称にしていると1冊も読まれないってことは起きにくいだろう。

タイトルと本の表紙を魅力的にしておく必要がある。

もちろん、内容てきにも読んで損をしたって内容にすると、

低評価をつけられてしまうので注意が必要だ。

Note

Noteと最近ブロガーあたりに人気のあるサービスだ。

amazonがデジタルコンテンツだと文章ぐらいしか販売できないの対して

noteでは音楽なども販売できる。

noteの特徴はコンテンツを気軽に販売開始できることだ、

あとAmazonにくらべ手数料が安いというの良い。

デメリットはAmazonほど集客力がないことだ

実際noteで売ろうとすすと、ブログの購読者が多いとか

twitterのフォロワー数が大きとかでないとなかな売れない。

なのでnoteをコンテンツを販売するのをみこして

ブログやtwitterのフォロワーを増やす努力も必要になる。

Kindleで販売するにもブログやtwitterなどでの集客も利用できるので、

もしまだ、その2つ利用していない時は利用開始するのがよいだろう。